So-net無料ブログ作成
検索選択

空気入れ人気ランキング|口コミ、料金など

ご自宅に空気入れはいかがでしょうか。
昔のように玄関で幅のとる空気入れではなく、今では多目的空気入れになっています。
空気入れは特に必要ないと思っている方。自転車は勿論、ボールや浮き輪などでも使えるので、持っていると便利ですよ。
他には、携帯できるような小型の空気入れも多く発売されていて、海やプールに出かける時にも気軽に持って行くことができます。子どものいるご家庭にはとても重宝するのでお勧めですよ。

空気入れは名前の通りではありますが、イメージとは違った単純なものではありません。
空気入れの出番は、日ごろ暮らしているとなかなかありませんが、あると便利です。
今では多目的空気入れになっているものが多く、自転車以外にも、車・ボール・ビニールプール・浮輪などの空気も入れられます。そして軽量のものが多い。持ち運びができるような携帯できるような小型のものも多いです。コンパクトなものが多く、収納もかさばらないと評判です。
こういう機能があり、色んなものに使えるのであれば、子どものいるご家庭では必ず役立つはずです。いざという時に困りません。
また、便利機能として空気圧ゲージ付きのものがあり、空気圧管理に役立つものがあります。そして、手押しのものだけではなく、足踏み式のものもあります。
それに加え。最近のものは数回で空気がパンパンになります。空気入れが重労働だというイメージをお持ちの方も多いと思いますが、購入すると使いやすさに驚きますよ。一度試してみてください。 
 
 

~空気入れの補足~
自転車空気入れは人づくりのための行である。通学に自転車を使用している人、空気を入れるメンバーを応援したい人、心やさしき科学の心を持ち合わせている人が、自分の自転車のタイヤに空気をいれ、仲間の空気入れをアシストする。日頃忘れがちな空気の有り難みを実感し自然と一体化したまったく新しい自転車ライフを目指すため議論をかわすことができるだろう。
質問「空気を入れている最中にどこからか「クンっ」って感じの音がしてゲージの針が少し戻ってしまいます。大体5気圧ぐらい入れるとそのような音がします。怖くてあんまり高気圧に出来ないのですが、原因が分かる人や対策など知っていたら教えて頂けないでしょうか」
「逆にその「クンっ」が無いと、いつまでたっても空気が入りません。たぶん質問者さんが言われるように、バルブが開く音なのではないかと想像しています。ただしこの現象が起きるのはリアタイヤのみで、フロントでは「クンっ」がなくても入ります。フロントとリアの違いは、チューブのメーカーが違うのと、ホイールのメーカーとリム幅が違うことですね。因みに、その「クンっ」が起きるリアタイアの規定は6~8bar、「クンっ」が起きるのが大体5~6barで、その後7~7.5barくらいまで入れています。」
 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。